青汁の飲み方 青汁の効果

青汁摂取のポイント その1 栄養補給目的で青汁を飲む場合

朝目覚めたばかりの体は、栄養をとても吸収しやすい、いわばグッドタイミングです。
たっぷり栄養を体内に浸透させたい場合は、朝目覚めの1杯で青汁を飲む事がオススメです。青汁のおすすめランキング!効果ある青汁を徹底調査し紹介すると、やはり朝が1番です。

この時厄介なのが、起きがけの空腹時に冷たい物を飲む事は、腸に負担を掛けやすいという事です。
ぬるめの割って作った物を飲むと、胃腸に負担を掛け辛くさせる事が出来ますよ。
胃腸の動きが鈍いタイミングなので、一気に飲み干すというのは絶対に避けましょう。
1口1口味わうように、ゆっくり飲むと良いですよ。

青汁摂取のポイント その2 ダイエット目的で青汁を飲む場合

ダイエット目的の場合は、食前に青汁の食物繊維を体内に詰める事で、満腹中枢を刺激させる事が出来るので、食べ過ぎを防止する事が出来ます。
血糖値を下げる作用もあるので、多少糖分の多い食べ物を摂取したとしても、青汁が血糖値を下げる事が出来るので、糖分を少なく摂取する状態へと変える事が出来ます。

1日1杯の青汁を摂取している場合は、1日の中でも1番カロリーが高い食事の前に飲むようにしましょう。
毎食ダイエット効果を発揮したく、1日3杯なんていう飲み方はしてはいけません。

青汁摂取のポイント その3 便秘解消の為の青汁を飲む場合

便秘に響かせる為には、寝る前に飲むのがオススメです。
寝ている間に青汁の食物繊維が体内で良い働きをし、翌朝快便へと導いてくれます。
毎朝出ない…なんていう頑固便秘の方には、爽快な便通を期待する事が出来ますよ。
寝る時は体を極端に冷やすと眠りにくくなるので、ホットミルクやお湯で割って飲むようにすると、体の芯からポッカポカになるのでぐっすり眠る事が出来ますよ。
青汁と牛乳の相乗効果により、更に便秘改善効果が高まりますよ。

青汁摂取のポイント その4 青汁摂取の基本は毎日継続

青汁を効率的に響かせる基本中の基本は、毎日継続して飲み続ける事です。
その青汁によって1日1杯や2杯等と1日の摂取量は様々ですが、最低1日1杯でもいいので、毎日飲み続ける事によって効果を発揮してくれます。

青汁はお薬ではなく、健康食品です。
健康食品は、継続していく事で響かせる事が出来るという考えが、鉄則です。
この基本が崩れると、何煮にも響かせる事が出来ないので、この基本だけは必ず守るようにしましょう。

青汁摂取のポイント その5 青汁を飲みやすくする方法

青汁は、大抵の人がお水に溶かして飲まれていると思います。
しかし、純粋なお水に溶かすと、青汁の独特の味が気になってしまうのでの飲み辛いと思った事がある方も多いと思います。

青汁を効率的に飲まれている方は、色んな飲み方で青汁を摂取されている方も多いようです。
色んなアレンジがあると、その時々で色んな口当たりを与える事が出来るので、メリハリが出来て飲むのが楽しくもなりますよ。

①牛乳
1番ポピュラーな組み合わせですが、青汁には抹茶が含まれている物もあるので、牛乳と混ぜると抹茶ミルクや抹茶ラテのように非常に口当たりが良くなります。お子さんでも、飲まれている方が多いそうです。

②はちみつ
糖分を少し加える事で、非常に風味が良くなります。白砂糖では混ざりにくく体にも決して良いとは言えないので、甘くする為にはちみつがオススメです。

③果汁100%のジュース
どうしても青汁の青っぽさが苦手という人には、市販の100%果物ジュースと混ぜると、口当たりが良くなりますよ。果物の栄養素と青汁の栄養素両方摂取する事が出来るので、オススメです。

青汁摂取のポイント その6 青汁と混ぜると飲みやすくなる食べ物

青汁は、食べ物をアレンジして混ぜる事も、摂取しやすく出来る方法になります。
数多くある中、次の3つをご紹介します。

①人参をジューサーにかけた物と混ぜる
人参は甘みが強いので、青汁を一緒に飲むと非常に口当たりがよくなります。緑黄色成分がさらに高まるので、栄養素もとても豊富になります。人参の皮ごとミキサーにかけると、より一層栄養素が高まりますので、オススメです。よく人参を洗って、使いましょう。

②パイナップルをジューサーに掛けたものと混ぜる
パイアップルはビタミンが非常に豊富で口当たりもいいので、ジューサーにかけたものと青汁を混ぜると、スムージーのように口当たりが良くなります。デザート感覚になるので、オススメですよ。

③ヨーグルトと混ぜる
ドリンクタイプの市販のヨーグルトと混ぜると、味が大変まろやかになるので飲みやすくなりますよ。糖分無しのプレーンヨーグルトと混ぜると、糖分を気にせず飲む事が出来ます。ヨーグルトと一緒に摂取する事で、便通改善効果を高める事が出来るので、便秘ケアの方に特にオススメです。

青汁摂取のポイント その7 青汁を飲む時注意すべきポイント

①熱い物と青汁を混ぜてはいけない
青汁に含まれている成分は、熱に弱い成分がありますので、熱い物と混ぜて飲むと効果を半減させてしまいます。お湯等の熱い物に混ぜるのは、止めましょう。

②お砂糖は混ぜてはいけない
青汁の苦みを回避したく糖分を混ぜる方も居ますが、お砂糖はビタミン摂取を抑制してしまいますので、良くありません。糖分を混ぜたい場合は、ハチミツを加えるとビタミンに影響を与えなく口当たりをよくする事が出来ます。

③腎臓病の方は注意
腎臓病の処方薬の中にワーファリンという薬がありますが、青汁のビタミンKがワーファリンの作用を妨げてしまう事がありますので、青汁は飲まないようにしましょう。気になる方は、お医者さんに事前相談すると良いですよ